快画とは、すべての人にもともと備わっている創造性と絵を描く力を呼び覚ますテクニックです。経験ゼロの方も安心してご参加ができます。

■学校では教わってこなかったユニークなアプローチによるデッサン。

■絵描きのクリエイティブ的思考法のレクチャー。

■「絵を描く力<絵を見る力」って??

なぜ描けないのか

「私、絵が苦手で、、、」

子供の頃は、誰に教わるともなく、みんな楽しく絵を描いていました。ところが、成長するにつれて不思議と多くの人は描けなくなってしまいます。
「あの頃のように自由にのびのび描けたらな」という気持ちにふとなる時がありませんか?

私たちは、なぜそんなことになってしまったのでしょうか。

実は自分自身の中の知らず知らずの間に定着してしまった”価値観”や”固定観念”が原因だったのです。
原因がわかったら、あとは憎きそれ(原因)を取り払えば良いのです。どうです?なんかできそうな気がしてきましたよね?

ところが、頭の中にある「上手く描かなくてはいけない」という固定観念は強烈にしぶといのです。ほんとうは、上手く描く必要なんてないし、もっと自由に伸び伸びと描けばよいのですが、大人の私たちは「自由に伸び伸び!」と決意しても、そのように身体は動いてくれません。

快画塾では、そんな強烈な固定観念や従来の概念を取り払う為の「誰にでもできる方法」を3時間のワークでお伝えしています。

誰でもすぐに絵が描けるようになるデッサン術「快画」

快画とは、これまでのデッサン上達法とはまったく異なったアプローチによって、自動的に絵を生み出す描画法です。

描く対象の見方や脳の使い方、意識の持ち方を変えるだけで、絵を描くことに慣れていない方でも、すぐに描けるようになります。

そっくりに描く、上手に描く、という技術的な修練ではなく、ふだん眠っている右脳を活性化させ、自動的に描く快画のアプローチによって、人間にもともと備わっている「絵を描く本能」を呼び覚まします。

快画塾では、様々な具体例と図解を用いて、「なぜ描けないのか」「なぜ描けるようになるか」について詳しく解説していきます。
従来の技術的訓練による絵の習得法とは一線を画した、思考法やものの見方をベースにしたアプローチであるため、これまでまったく描く練習をしてこなかった人や、技術の壁を超えられずに断念した人でも、短時間で劇的に描けるようになります。

快画に向いている方

快画には、特別な知識や技術はまったく必要ありません。年齢も職業も関係ありません。「自分の中に眠っているものは何か」、「自分の中からいったい何が飛び出すのか」という好奇心さえあれば、誰でも実践可能です。ぜひお気軽にご参加ください。

快画塾3時間コースの内容

【実技】

1・従来描き・・・これまでのやり方で描いてみる
2・検証描き・・・対象物をよく見る
3・一発描き・・・開きなおる(失敗を気にしない)
4・記録描き・・・記憶の呪縛からの解放
5・逆さ描き・・・概念からの解放

【講義】

・絵が描けない原因は過去の記憶にあった。
・「絵ごころがないから描けない」のではなく「絵ごころがあるから描けない」
・強力な固定観念が邪魔をする。
・絵を描くのに才能はまったく必要ない。
・正確に描けば描くほど「うまい絵」から遠ざかる。
・すべてはキッカケから。
・独自の作品世界を構築するために絵を描く技術よりも大切なこと。
・従来型美術教育の盲点。
・デッサンは絵の基礎ではない(デッサン力がなくてもOK)。
・絵を「描く」のではなく「生み出す」。
・快=無である。
・キャリアは関係ない。
・自動的に絵を生み出す方法とは?
・気持ちいいとは何か。楽しいとは何か。
・生きた線とは?
・美意識とは?
・大人と子供の絵の違い。
・傑作は偶然生まれる。
・左脳→右脳→左脳。
・作品の展開方法。

講師:ホシマリコ

1971年生まれ。茅ケ崎市在住。 高校卒業後は、様々な仕事に就きながら独学で絵を描く。
2016年〜2017年木村創作教室に在籍。
主宰者である木村タカヒロ氏に師事し、
創造性について、美しさや品について、創作における姿勢などを学ぶ。
また、2017年〜茅ヶ崎市内の児童対象の絵画造形教室のアシスタントスタッフとして勤務。

【メッセージ】
上手く描くことよりも、自分の中にあるものを素直に描くことや、何を大切にしているのか、ものの見かたなど作品に対する考え方や姿勢を中心にお伝えすることをいつも気をつけています。

ひとりひとりの世界にそっと触れさせてもらいながら、絵を描く楽しさを絵から学んでいただけたらなと思ってお話をしています。

【作品】
人物の横顔をシリーズとして制作。
執拗に黒く塗られた背景がモチーフを引き立てているのが特徴。作品ホームページはこちら

3時間コース開催スケジュール
横浜クラス11/29(金)
13:15~
お申込みはこちら
新宿クラス12/1(日)
13:15~
お申込みはこちら

【注意】
icloud、docomo、ezwebのメールアドレスをお使いの方、こちらからの返信が届かない場合がございます。また、各プロバイダーによって届かない場合もあります。
フェイスブック から再度ご連絡をくださいますようお願いもうし上げます。

▼フェイスブックにある「メッセージを送信」からご連絡ください
https://www.facebook.com/hoshimariko1971/

【快画塾参加者のご感想】
■とても楽しかったです!こんなに自分が描けるとは思いませんでした。
左脳、右脳の切り替えがとても面白く楽しかったです。無心になることって楽で気持ち良かったです。ずっと無でありたいと思いました。今日は本当にありがとうございました!!
■2回目の教室でしたが、不安もなく関心が高まる自分を感じさせられました。絵が描けないとかきれいに描こうと思う気持ちはいつの間にかなくなり楽しい時間をすごせました。
教室が行ける範囲の所ならばいつまでも追いかけて刺激を毎回受け止めたいと思いました。ご指導ありがとうございました。

■左脳を停止させて描く楽しさを体感出来ました。今日の気づきを自分の活動に生かしたいと思います。邪念のないピュアな心で創作活動を続けたいと思います。ありがとうございました!
■左側で物事を見ている事を痛感しました。右側をきたえるというか無になれる方法をさがすヒントがちょっとだけ見えた気がします。写真をやっていて、今絵を描けるようになることは必要だと思っています。
■本日はありがとうございました。非日常を体験させて頂きました。左脳パワーがサクレツしていましたが、今日教えて頂いた事を振り返り、自宅で何度も沢山描いてみたいと思います。先生が楽しい方で楽しみながら参加させていただきました。ありがとうございます。
■単純に楽しかったです。最初は他の人に描いた絵を見られるのが恥ずかしかったけど、描いていくうちに集中できてどうでもよくなりました。自分では見つけられなかった私らしさみたいなものが発見できたと思う。何か生まれた気がします。家に帰っても描いてみようと思います。ありがとうございました。
■さかさまに描いたり、紙を見ないで描くなど、今まで考えたことのないやり方でとても楽しかったです。うまくてもヘタでもどっちでもいいというのも気楽にかまえられて素直に頭に入ってきました。もっと絵を描きたくなりました!
■だんだん上手く描けてきた楽しさと自分の性格をあぶり出すことができ、自分を再発見できて楽しかったです。先生の考え方が仕事に活かせるとも思いました。
■あっという間の3時間で”快画”楽しかったです。描くことが楽しくなりました。上手に描くことより、何かを自分から引き出せたらという思いで参加しましたので、その何かをまた考えることが楽しくなってきました。今日はありがとうございました。
■たのしかったです。(8さい)
■線をゆっくり描くことがなんとも心地よかったです。左脳が描くことを恐がった瞬間(?)があり、こんな自分もいるんだなと新たな発見でした。快画の説明が丁寧でわかりやすかったです!!ありがとうございました。
■いつも左右対称に描かなくてはいけないとか思ったか、思った所にかかなくてはと思いがちだったので、自分でもこういう感じに描けるのだと発見しました。プロの方は美大出の人ばかりと思っていたので違う人もいるというお話は今後の仕事でも励みになります。楽しかったです。
■ありがとうございました!楽しかったです。自分自身の描いたものに恥ずかしがることはないという事がわかりました。見たものが自分であり、描いたものが自分であるのだから。個展楽しみにしてます。
■楽しく勉強できました。
■デッサンしたのは55年ぶり位(10代の時は好きでイラストをよく描いていたが)久しぶりでどう描いたら良いかわからなかった。型にはまった事にとらわれていたが、今日は開かれた感じです。もっと自由になりたいです。
■絵のセンスが無くて下手だけど今日受講できて良かったと思います。家に帰って描いてみます。